育てるのも労働だけど、育てられるのもひとつの労働のような気がしている

一般的なイメージとしての「育児」ってものとはかけ離れた育児をされたため、

親に対して温かい気持ちってものが全く存在しません。

でも世の人は「育ててくれたんだから」「生んでもらったのだから」と言う。

それを自分なりに納得しようとするなら、

「育てられることも労働」ととらえるしかないんですよね。


私は継母に対して、そこまで悪い感情を持っていません。

もし温かい家族の中にひとり継母みたいなのがいたなら、

私は継母に対して強い憎しみを抱いたでしょう。

「殺してやりたい」とすら思ったかもしれない。

でも、父の虐待があまりにもひどかったから、

継母は父でかすんで、

むしろ好感を持つほどです。


育児されるってことを、労働に換算してみましょう。

私が父から受けた「育児」という報酬。

私はどんな労働をしたかと考えると、

人間サンドバッグという労働ですね。

痣ができるほど殴られたわけではない。

でも、痣ができないならいくら殴っても構わないと思われていたし、

何を言ってもいいのだと考えられていた。

「お前の生みの母は、娘が死んだってなんとも思わないんだぞwwwwwww」

と毎日毎日ニタニタ笑いながら幼い娘に言い聞かせることで自分を保っていた父親です。

そういうサンドバッグが手近にいないと自分を保てなかった父です。

「実の母親に愛されていない娘なのだ」と娘に自覚させることこそが、父の中の正義です。

「常に努力で苦しんでいなければ、私は最低な生みの母親そっくりになってしまうのだ」と思わせることで向上心(www)を植え付けることが娘のためだと信じていた父です。


この父から受けた「育児」は、

そのまま私が死ぬほどの労働です。

労働だとすれば、過労で死ぬ、同僚からリンチされて死ぬ。

実際には死んでないのだから、

「そこからたまたま生き残った」

という「労働」に当たると思います。

私が死んでたら、私の身内が(存在したならと仮定)遺影を持って裁判をするような状態です。

ということは、賠償金だって取れる事態ですよね。

だから、父から受けたものは、完璧に数値としてはマイナス。

プラマイゼロからもかけ離れたマイナス。

リンチで死にそうになってまで「衣食住を保障してくれてありがとう」などとは思えません。

そんな態度を強制されるのは、家畜だと思います。

気分はすっかり家畜ですけどね。

でも私も一応人間なので、家畜として扱われるのは嫌だし、不当だということははっきりと分かります。


継母の場合ですが、

こっちになると、

「すごく嫌な職場で働いている程度」の労働なんじゃないかという感覚です。

リンチ死とか過労死とかはないけど、

毎日毎日とにかくいびられて、怒鳴り散らされるけど、

自分がある程度打たれ強い性質だったなら死ぬほどではない。

だから、

お給料をもらえれば割と素直に「ありがたいな」と思えるレベルです。

すごく転職したいけど、でも当面のお金が入ることは「ありがたい」。

自分は家畜だとも、そこまで自覚させられはしない。

お給料と労働を差し引きして、

プラマイゼロか、小さいマイナス、程度。

割に合わない仕事だと思いながらも、なんとか続けていける程度の労働。

でも、子供として育てられるという事柄を、

「割に合わない仕事」と言っている時点で相当におかしいことは分かっていますが、

継母は父に比べればかすんでしまって、

「継子いじめも心の小さい大人にとっては必要なのかもね」

と、そんなに怒り狂わずに思える。

私、意外と心が広いんでしょうかね。

あの父と二人暮らししている時点で割と合掌したくもなりますしね。

別に「上手くやっている」とはカケラも思いませんけど。


親が子供を家畜として扱えば、

子供は親の家畜にもなりえるんですよね。

だって、親が食糧や寝る場所を与えなければ子供は死んでしまうんですから。


そんな状態の子供は、なんとか救い出さなければならないと思います。

私みたいな心のないロボットみたいな人間になってしまうかもしれないし、

ロボットになれない子供は壊れた人間になるかもしれない。

私は壊れた人間兼ロボットではありますが、

というか、ロボットという時点で壊れた人間なんですけど、

人間は人間らしいのが一番です。


ちゅーか最近、

このブログ「ピノキオが人間になるためのブログ」みたいに思えてきて仕方がないんですが、

人間にはなってみたい。

でも多分、人間になったら私は壊れるんじゃないかと思います。

私は色んな事を自覚したい人間ですが、

自覚しない方がいいことがあるってことも自覚しています。

頭で分かっているだけならいいんです。

人間らしい、体感としての実感(?)を得た途端、

心が壊れそうに思えて心を閉じている気がします。




いつも訪問ありがとうございます
気が重い。。
心が欲しいのか、
心が壊れるのが嫌なのか。
一日一回クリックしてくれると嬉しいですm(^^)m
     
     ↓      

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村




ランキング参加してます。応援ポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

拍手[1回]

2012/11/02 トンネルの道筋 Comment(2)

COMMENT

無題

チャットでもSkypeでも構わんから人と話せ!

我慢と強くなるのは関係ない!

てらもっち 2012/11/02  12:41 EDIT RES

Re:無題

てらもっちさん
コメントありがとうございます。

そうですよね。ちょっと、人と話そうと思います。
物心ついた頃から常に我慢な状態だったせいか、「我慢」という状態はもっともっと苦しいことだっていう感覚があって、だから「これぐらいでは我慢ではない」と考える傾向があるようです。
もっと楽になりたいですね。

鈴鹿 2012/11/02 16:32

…ああ。うん。そうね(笑)


うん。てらもっちさんのいう通りだと思うよ。

ゆう。 2012/11/02  19:58 EDIT RES

読み込み中・・・

ゆう。さん
コメントありがとうございます。

我慢、忍耐、頑張る、は、なるべく避けた方がよさそうな状況です。生き抜くことにだけ頑張ります。
明日、終わったら自分に優しくします。今日も自分に優しくしてます。
生き抜くことしかできない状況だから、生き抜くだけで自分を褒めたいです。
生き抜けるとは確信しているので、大体安全ではありますが、回復にかかる時間とかは心配。

鈴鹿 2012/11/02 21:50

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

広告
 
 
 
最新記事
 
(09/14)
(09/13)
(09/07)
(09/04)
(09/02)
 
 
プロフィール
 
HN:
鈴鹿
性別:
女性
職業:
生きること
趣味:
生存
自己紹介:
脳内にドーパミンを作る工房がありすぎてよく砂糖が足りてません。工房のお蔭で生きてて楽しいです。

北海道大好き人間。
道内に潜伏中。
 
 
カテゴリー
 
 
 
カレンダー
 
08 2017/09 10
S M T W T F S
1
3 5 6 8 9
10 11 12 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
 
ランキングバナー
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村 
 
最新CM
 
[05/18 名無しのゴルバークさん]
[12/06 @ 仕事人 笑]
[08/31 ゆう。]
[06/30 ゆう。@しばらく夜の仕事人♪]
[05/27 過干渉からの脱却管理人]
 
 
バーコード
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
リンク
 
 
 
twitterタイムライン
 
 
 
アーカイブ
 
 
 
RSS
 
 
 
共有
 
 
 
忍者ビジター
 
 
 
ランキング
 
 
 
解析