忍者ブログ

トンネルを抜けたら現実だった

人生楽しいです

父の教育方針

父の両親、私の祖父母は、

常にお互いを馬鹿にし合い、お互いの悪口を子供に散々聞かせたそうです。

また、父は三人兄弟の末っ子で、なぜか祖父に嫌われ、

いつも悪者扱いだったといいます。

褒められることも、まるっきりなかったようです。


私は、父からは一切、褒められることなく育ちました。

「人間として最低」な、実の母が、いかに最低なのかを、毎日聞いて育ちました。

私が、その最低な実の母と、いかにそっくりなのかを、毎日聞いて育ちました。

実の母が私を愛していなかった、ペットとして接していただけだったとも、

何度も聞きました。


私が成長し、

なぜ私に、実の母親の悪口を毎日聞かせたのかと、

父に聞いたことがあります。

「うちの親なんて、お互いの悪口ばかり言っていたぞ」

と、答えました。


では、それをそのまま、自分の子供に実行するほどに、

あなたは祖父母の教育方針に感銘を受けていたのですか?

それとも、自分の両親への復讐を、自分の子供に対してしていたのですか?


私が、私の実の母のようにならぬよう、

毎日、いかに酷い母親だったかを、説いて聞かせてくれたようでした。

そのストレスのお陰で私には、実の母の記憶が、殆どありません。

心の防衛機制が働いて、忘れてしまいました。

災い転じて福となしていますか?


私は父から、祖父母への復讐心を向けられたのでしょうか。

それとも、ストレス解消のおもちゃだったのでしょうか。


いつも訪問ありがとうございます
読んだ印にク リックをお願いしますm()m
     
     ↓            ↓

にほんブログ村 

メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
メンタルヘ ルス ブログランキングへ


ランキング参加してます。応援ポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

拍手[0回]

PR
" dc:identifier="http://lebensweg.7narabe.net/%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%81%AE%E9%81%93%E7%AD%8B/%E7%88%B6%E3%81%AE%E6%95%99%E8%82%B2%E6%96%B9%E9%87%9D" /> -->