忍者ブログ

トンネルを抜けたら現実だった

人生楽しいです

毒物の記憶
私は男の人と二人で出かけたっていう経験がほとんどありません。

高校生の頃、親切な古本屋のおにいさんと初めて一緒にお出かけしましたが、


歯も磨けず、顔も洗えず、服は組み合わせめちゃくちゃ、牛乳瓶の底メガネ、口臭い、100円ショップのファンデーションとかマスカラとか、薬でろれつ回らない、とにかくテンションがおかしい…


甘酸っぱい記憶とかほろ苦い記憶とか苦い記憶とか辛い記憶とかじゃなくって、

毒物の記憶ですよ


優しく主体性のない男性と無理やりお出かけするってことしかしてきませんでした。

19歳過ぎると、↑から「歯も磨けず」「顔も洗えず」「牛乳瓶の底メガネ」「100円ショップのファンデーションとかマスカラとか」

の要素がなくなるから大分マシになりましたが、

「服の組み合わせめちゃくちゃ」「口臭い」「薬でろれつ回らない」「とにかくテンションがおかしい」女は誰だって嫌です。

牛乳瓶の底メガネについては、

父はとにかく私にかけるお金を節約したっていう自己満足を得るために、

メガネも常に最安値にしてたので。

薄く加工してくれないんです。どんなに度が強くても。

目が悪くなるのは私が悪いんだからっていう、罰の意味もありましたね。

漫画とゲームやめる代わりに非行に走っていた方がよかったんでしょうか、っていう話ですけど。


こんなことをしみじみと考えるってのは、

近々珍しく男性とお食事する予定が立ったからで、

奇特な方もいらっしゃいますね。

奇特が過ぎて一体何者なんだと思っていますが。


過去の毒物の記憶が、

実はジャガイモの芽、程度の毒物であったとトリカブトの前で自覚するようなお出かけにならないことを祈る。



いつも訪問ありがとうございます
今日こそは活動的にインドアするぞ。
家にいると一日妄想とネットしかしてない自分に気づいてよくハッとするんだよ(ダメ人間)
読んだ印にクリックをお願いしますm()m
     
     ↓      

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

コメント

1. 無題

コンタクト。萌え〜。

良きお食事会にならん事を心の底からお祈りする。

世界の中心で叫ぶのはやめておこう。

読み込み中・・・

てらもっちさん
コメントありがとうございます。

コンタクトは萌えますか。
でもつける時は大抵すっぴんなんですよね。女子としてはそこが気になります。
世界の中心って清水の舞台あたりですかね、なんとなく。
コメントを書く