忍者ブログ

トンネルを抜けたら現実だった

人生楽しいです

母親に会いたいと思う娘もいるらしい
両親が離婚して以来、

母親が恋しからという理由で「会いたい」と思ったことがありません。


物心ついた頃から目の前で母親が殴られ、

怒鳴られけなされて、


私は父から、自分の母親を軽蔑するように強制されてきました。


例えば私が母親に会いたいと言ったならそれは、

父にとって悲しいことではなく、

「論理的におかしいこと」

なのです。


母親が最低だということは常日頃言い聞かせているのだから(当時私、小学生)、

それは十分に理解していて当たり前で、

そんな最低な母親と会いたいなどという感情は論理的におかしいことだったんです。


「お父さんとお母さんのどっちが好きか」

という間で揺れ動く子供ですらなかった。

母親は最低で情けを感じる時点で馬鹿な娘という見なしでした。




小学生だよ?

私は人間なんだよ?



私を母は、猫を扱うように育てたと父はよく言っていた。

そう言うあなたは一体、

何を育ててるつもりだったんですか。

いつも訪問ありがとうございます
読んだ印にクリックをお願いしますm()m
     
     ↓           ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
メンタルヘ ルス ブログランキングへ



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

コメント

1. No Title

いろいろな想いがあるんだろうな。

それしか言えないや。

Re:No Title

てらもっちさん
コメントありがとうございます。

ロボットにプログラミングするように育てられたと感じます。
猫とどっちがマシかって考えますね。
メンテナンスはするから、
そもそも猫の世話しないだろう母よりはましでしょうかね。

私のこの溢れんばかりのエネルギーって大半が怒りなんだろうな、と思います。
コメントを書く