普通の幸せ

秀でなければいけなかった。

芸当がなければいけなかった。

でも秀でたって芸当があったって、

絶対に評価されなかった。


親に褒められたという記憶はない。


小さい頃、

私と付き合ってて楽しかったという子供もいなかっただろう。

それでも私は自分にフィルターをかけて、

「私と一緒にいて嬉しそうだな」と思い込もうとしていたけど。


できたことや些細なこと、

親に評価されたら嬉しいだろう。

私と会話するだけで楽しそうな友達を見るだけで、

嬉しいだろう。

でも親から私に求められたのは芸当だけで、

例え私が芸当を得たって意地でも評価しない親。

とことんラジコンとして扱って、

不具合があると床に叩きつけた。

自分のラジコンの性能がよくても、

ラジコンに向かって「よくやった!」と言ったって独り言みたいで虚しいだけなのだろう。


いい大学に行っていい人と結婚していい子供を育てる。

それこそがいいことだと教え込まれた。

それこそが父のラジコンとしての模範的な生。


私には今、勉強しかないのですか。

こんな私を愛してくれる人などいません。

私のような子供をまた作ってなんになるのですか。

一人で勉強して一人で大学に行って、

一人で結婚して一人で心のない子供を産んで育てるということですか。


今急に普通の幸せが降ってきたら、

私は発狂します。

そんなものいりません。

私にはいりません。


今となっては、

私にとってそれは、有害です。


化け物になります。

私は化け物になります。

私は化け物にならないと、

幸せになれないのです。

これが私にとっての、

普通の幸せなのです。




いつも訪問ありがとうございます
秋眠暁を覚えず。。
12時間寝たのはさすがに久しぶりだった…
冬季鬱的な傾向だよなぁ。
薬は大分少ないんだから、
気合の問題なんだけど。
一日一回クリックしてくれると嬉しいですm(^^)m
     
     ↓      

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村




ランキング参加してます。応援ポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

拍手[1回]

2012/10/21 トンネルの道筋 Comment(4)

COMMENT

身の丈の しあわせ

《ありのままの自分を認める》と楽にはなれるよね(笑)。

化け物らしくさ?
楽しければ いいんだと思う。

ゆう。 2012/10/21  12:51 EDIT RES

読み込み中・・・

ゆう。さん
コメントありがとうございます。

「化け物」と思うとなりたい自分に一番しっくりとします。
まだ少し人間だと思いますが、いつか「自分は生き切った」と思えるためには化け物にならなくてはならないと思います。
楽しく、幸せに生きたいです。

鈴鹿 2012/10/21 19:18

無題

化け物っていうのが、よく見えないんだよね。
 多分具体化できない、何がなんだか分らない「普通じゃない」未来なのかな。
 ドラえもんも化け物だし、Qちゃんも化け物だし、年を取らないしずかちゃんもある意味、化け物。

 言い換えれば個性なのかも。でも、この文章の化け物を「個性的な人」にしてしまうと、文章際立たないな。

あ、愛してくれる人や家族は大丈夫。
 君のような個性的で深く考える人って、実を言うと魅力的なので、これからも、歪まず、ある意味、素直に生きていれば一緒に生きたいと思う人は必ずいます。

てらもっち 2012/10/21  12:56 EDIT RES

読み込み中・・・

てらもっちさん
コメントありがとうございます。

化け物がなにか、具体的なものは分からなくていいと思います。あまりに化け物臭い話なので。
でも私は、化け物になりたいから化け物になるというよりは、幸せになるには化け物にならざるをえないと思いつめています。私が存在し続けるためには、化け物にならざるを得ない、ような。

結婚も子供もどうでもいいけど、一人は嫌です。
一面では今より人間らしい生活。もう一面では、化け物になるために進むのかも知れません。

鈴鹿 2012/10/21 19:29

コンプレックスの裏返し、かも。

わたしには鈴鹿さんの親御さんに不快感しか持てないのだけど。

認めたくない現実を持っているのではないかなと考える。
《こんな筈では なかった》

それに気付かずに子供に当たっている時点で《 》なんだけど…

ゆう。 2012/10/22  09:47 EDIT RES

Re:コンプレックスの裏返し、かも。

ゆう。さん
コメントありがとうございます。

父は自分の両親がロクでもないっていう話をしょっちゅうします。
ほとんど精神的な虐待レベルのことをされていたように思います。
私の状況よりは若干マシな気もしますが、
それでも精神はズタズタでしょう。

私が父を責めると「俺の父親はもっとひどかったぞww」と言って正当化します。
ひどかったと分かっているなら、その時点で正当化は全くの無効になるのに。

父の中には「家庭、人間はこうであれねばならない」という厳格な基準があるようです。
実母はそれからはずれたから、常に責め立てられました。
自分に理解できない自分にとって不快なこと=相手の悪意
と取るので、
それを責め立てることは、悪意を正す正しいこと。
だから、そのためなら何をしてもいい。相手が悪い。
そういう考えが感じられます。

鈴鹿 2012/10/22 10:07

失礼を承知で。 だってムカツく(ry

都合のイイ理解と行使。…阿呆でしょ? 鈴っち負けんなっ!!

ゆう。 2012/10/22  13:43 EDIT RES

読み込み中・・・

ゆう。さん
コメントありがとうございます。

本当に。
「自分は正しい」とふんぞりかえって、でも「人間に完璧なんてない、ということが分かっている自分は素晴らしい。だから、自分も1%くらいは悪いんだ。当然、1%くらいでは謝る気もないし必要もないだろう」という姿勢には、究極的な言葉を用いるしかない程の怒りを覚えます。
負けたくないです。
生活できるだけの精神状態を保つだけでも大変なのですが、
匍匐前進ででも前に進みたいです。

鈴鹿 2012/10/22 18:05

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

広告
 
 
 
最新記事
 
(09/14)
(09/13)
(09/07)
(09/04)
(09/02)
 
 
プロフィール
 
HN:
鈴鹿
性別:
女性
職業:
生きること
趣味:
生存
自己紹介:
脳内にドーパミンを作る工房がありすぎてよく砂糖が足りてません。工房のお蔭で生きてて楽しいです。

北海道大好き人間。
道内に潜伏中。
 
 
カテゴリー
 
 
 
カレンダー
 
08 2017/09 10
S M T W T F S
1
3 5 6 8 9
10 11 12 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
 
ランキングバナー
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村 
 
最新CM
 
[05/18 名無しのゴルバークさん]
[12/06 @ 仕事人 笑]
[08/31 ゆう。]
[06/30 ゆう。@しばらく夜の仕事人♪]
[05/27 過干渉からの脱却管理人]
 
 
バーコード
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
リンク
 
 
 
twitterタイムライン
 
 
 
アーカイブ
 
 
 
RSS
 
 
 
共有
 
 
 
忍者ビジター
 
 
 
ランキング
 
 
 
解析