精神の自傷行為

一昨日あたりから、

精神の傷がぱっくり開いた状態になっていました。


トラブルの傷は一旦回復したと思ったんですが、

そのトラブルを何度も思い返してしまうようになりました。

何度も思い返して嫌な気持ちになるのは、

体力がついて思い返すエネルギーが出てきたせいかと思っていたのですが、

なんのことはない、

ジプレキサの減薬が原因でしょうね。

トラブルの傷を覆い隠していた「ジプレキサ」という膜が一枚(2.5mg分)、

はがれたんだと思います。


昨日は、引きこもっていたら大変なことになると思ったので、

昼間、カラオケのお店に行ってきました。

マスターに「夜、家にいたくないんです。夜も来ていいですか?」

つったら断られたよ。夜は店に立つのはママなので、

ママと話したかったのですが。

まぁ、危ないってことかもしれません。

「どうしても行きたい」という気分だったのでちょっと残念でしたが、

反面「いい店見つけたな」って思いました。


カラオケのお店を出てから、

やっぱり夜をどう過ごすかってのが課題だと思ったので、

レンタルビデオ屋に行って、

DVDを一枚借りました。

前々からとても気になっていた映画なんですが、

私は映画をあまり見ない。


薬が多かったような頃は、

映画を見ながら時計が気になりました。

落ち着かないっていう症状、もしくは副作用だと思います。

現在は集中力、他人には真似しにくいだろってレベルにアップしているので、

映画を見ること自体には支障ないんですが、

今度はいろいろとやりたいことができすぎて、

一時間単位で拘束されるということに恐怖すら覚えるようになりました。

普段から「ドラマ見てる時間があれば色々なことができるだろう」って思って、

余程の熱意を持たないとドラマ見ませんし、

映画は二時間くらいは拘束されるので、

本当に余程の熱意がないと見ないんです。

熱意を覚える映画もあるにはあるんですが、

長い間、映画を見ると時計が気になるっていう症状があったのもあって、

映画を見ないことが習慣になって、そこから戻ってなかったってのもあると思います。


というわけで、

本当に久しぶりにDVDを借りて、

帰宅して即再生し始めました。

映画、これ↓



パプリカ(DVD)

パプリカ(DVD)


筒井康隆さんの小説が原作の『パプリカ』です。

「食い入るように」というより「取り込まれるように」見てました。

前々から気になってたんです。


これ見たら、

創作の喜びに似たものが、体の中で爆発したような感覚があって、

「あんなヤツのために表現の喜びを失ってなるものか」

と、急に元気を取り戻しました。


小説でも音楽でも、

とにかく私は表現するために生きたい。

というか、それによって収入を得ていないという当たり前な事実を含めたままこれを言うことによって起こる羞恥心を無視して言えば、

私は現在、表現するために生きていると思います。

このまま潰れたら、

表現する喜びがどんどんと失われていくでしょう。

それは絶対に嫌です。


現在、

減薬によってぱっくりと開いた傷口の上に、

薄いカサブタができているようです。

やっとカサブタができた。

映画の効果が大きいです。

このカサブタで、あのトラブルをとりあえずは思い返さないように、

できています。

色んなきっかけで、ちらりと思い出しはします。けど、

悲しみの中毒となって繰り返し思い返しては傷を広げる行為は、

とりあえず治まりました。


病院に電話しました。

主治医はまだ出勤していなかったので、

時間をおいてまたかけます。

どれくらいヤバい状態なのか正確な判断はできませんが、

減薬して「何かあった」という状況にあてはまると思うので、

報せた方がいいと思います。


昨日はカラオケの店でも、

躁と鬱が混在していました。

波というより混在ですね。

五分間マシンガントークしたと思ったら、

十分間自分の傷を開いて見る。

その十分間は押し黙って全くの別世界にいる。

そんな繰り返し。


傷が深いというだけなら、

仲の良い友達に話を聞いてもらえた。

ハイだというだけなら、

閉じこもって過集中に身を任せればよかった。


どちらもあるから、

友達を失いたくないから友達に電話もかけられない。

傷が深くて自宅にいられないから、

過集中に身を任せることもできない。

昨日はそんな状態でした。


今日は、

自宅で過ごすことも可能かもしれないレベルにはなってきました。

でも、

また自ら傷を広げる状態になったなら出かけなくてはなりません。


なんて、書いてる間にも、

みるみるとカサブタが厚くなってきています。


昨日はにっちもさっちもいかない感じでしたが、

今日はまだ、ずっといいです。

このまま落ち着いていくと思うし信じます。

信じなければ、可能なことも可能でなくなります。




いつも訪問ありがとうございます
大分落ち着いてきた。。
頑張ってこのまま持ち直します。
読んだ印にクリックをお願いしますm()m
     
     ↓      

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村




ランキング参加してます。応援ポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

拍手[5回]

2012/10/05 やっかいな病気 Comment(3)

COMMENT

無題

落ち着いてないね。

薬と医者。

あとは本と音楽と漫画と映画で時間を潰す。
考えないほうが良い。

でも、ノート一冊に思いついた事を書き込んでおくといい。

急な減薬にはこだわらないほうがいいと思う。
0.25mgとか半分に割った分を増やすとか。

意識で抑え込める分と抑え込めない分とのバランス。
減薬よりも社会復帰優先で!

てらもっち 2012/10/05  12:23 EDIT RES

読み込み中・・・

てらもっちさん
コメントありがとうございます。

だんだんと落ちついてきました。ただ、人と会話しないと気分の高さ具合は分かりにくいですね。

今日は、注文した商品が届いたので、受け取りに出かけることができました。そして帰宅して商品に没頭。

減薬、2.5mgより小さい単位で減らすっていう話は出たことないんですよね。一年以上前に減らした時は、2.5mgだとそこまでは影響酷くはなくて。
前の主治医が5mgで減らしたのは明らかにおかしいと思いますけど。
もっと少ない単位もいいのかもしれないですね。
単位が小さければ、働きながらでも仕事に影響なく減薬できるかもしれないですし。
ただ、ジプレキサって割れるような線すらなくて。
主治医に相談してみます。

鈴鹿 2012/10/05 21:17

無題

ピルカッターなるものがあります。

あとは間隔の調整。
僕は夜寝る前に飲むようにして
生活時間帯は飲まないようにしている。

まずは主治医にご相談を。


http://item.rakuten.co.jp/earthpure/a67015-1j/

てらもっち 2012/10/05  22:28 EDIT RES

Re:無題

てらもっちさん
コメントありがとうございます。

ピルカッターなんてあるんですね。
減らすのも錠剤の半分ずつとかなら、負担が軽くなりそうです。

今、薬は夜寝る前のみです。
メンタル系の薬は、
ジプレキサ2.5mg一錠と、アキネトン1mg一錠。
あとは便秘薬のみです。
なので、以前よりは相当に減っている。

主治医に相談してみます。
早く減らすことよりも、減薬の影響を少なくして、しっかり活動しながら減らせる方が重要ですからね。
そして、安全に減らすってことが一番重要だと思います。

鈴鹿 2012/10/06 07:26

無題

ある程度、落ち着いてきたみたいだね。

僕自身は完全に薬を無くす事は諦めた。

このある程度不調のある脳細胞で、をうまーくコントロールして複雑になって生きるのが難しい世の中で、精一杯生きて、楽しい人生を送る事を考えている。

医者と薬と技術のある時代に生まれて感謝。

あとは飲む量とタイミングの調整を細かく続けていくつもり。それでもリスクはあるし安心はしない。これまでの行動を省みると、脳細胞と自分の心の難解さ、複雑さは理解しているつもりだから。

鈴鹿さん。考えるときはロングレンジにて。そして、どういう道を選択しても、そこに幸せがある事をお祈りしています。

てらもっち 2012/10/06  10:06 EDIT RES

読み込み中・・・

てらもっちさん
コメントありがとうございます。

「落ち着いてきた」という言葉が、今朝の記事見ての言葉なのかこの記事のリコメント読んでなのかで印象もなんとなくというか相当変わるのですがね。
今朝の記事見て「落ち着いた」と思われたらなんかヤな感じ☆

健康は失った時に大切さが分かるので、一度失ったと思った後にある程度取り返して暮らせると、頻繁に健康の喜びを自覚しながら生活できるから、健康を損ねるのも大切な経験だな、って最近思います。
人間、複雑な方が生活してて楽しそうです。
複雑さをなんとかやり繰りして生活するのが最近は楽しいです。

鈴鹿 2012/10/06 13:37

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

広告
 
 
 
最新記事
 
(09/14)
(09/13)
(09/07)
(09/04)
(09/02)
 
 
プロフィール
 
HN:
鈴鹿
性別:
女性
職業:
生きること
趣味:
生存
自己紹介:
脳内にドーパミンを作る工房がありすぎてよく砂糖が足りてません。工房のお蔭で生きてて楽しいです。

北海道大好き人間。
道内に潜伏中。
 
 
カテゴリー
 
 
 
カレンダー
 
08 2017/09 10
S M T W T F S
1
3 5 6 8 9
10 11 12 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
 
ランキングバナー
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村 
 
最新CM
 
[05/18 名無しのゴルバークさん]
[12/06 @ 仕事人 笑]
[08/31 ゆう。]
[06/30 ゆう。@しばらく夜の仕事人♪]
[05/27 過干渉からの脱却管理人]
 
 
バーコード
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
リンク
 
 
 
twitterタイムライン
 
 
 
アーカイブ
 
 
 
RSS
 
 
 
共有
 
 
 
忍者ビジター
 
 
 
ランキング
 
 
 
解析