忍者ブログ

トンネルを抜けたら現実だった

人生楽しいです

鈴鹿のおかしな勉強法

私の小学生時代の勉強法は、恐らく結構変わっていると思う。

宿題をほとんどしなかった。

当時の記憶があまりないので確かではないけど、

エネルギーがないため、楽しくないことはできなかった。

恐らく、やってみれば楽しかったんじゃないかとは思うが、

マンガやテレビには勝てなかったのかと思う。

また、最低な家庭環境だったので、家では精神活動が停止していたのかもしれない。


家では全然勉強をしなかったし、欠席日数も相当に多かった(登校拒否してましたからね~)。

それでも成績を保っていたのは、授業中に発表をしたからだった。

「みんな予習をしっかりしているだろうから、教科書を読んで理解しているよね?では応用問題から」

などという授業はないので、授業中の説明を聞いて、その知識で手を上げて答えていたと思う。

発表が大好きだった。発表が快感でハイになるので、のび太が授業中に寝る神経が分からない状態だった。


発表が好きだったから成績を保っていたけど、発表が嫌いだったら、

今ごろ大学なんかに入っていないと思う。

目立ちたがりでよかったなぁ~

と、しみじみと思った。


同じ勉強法の人っているのかな?あんまし聞いたことない。




いつも訪問ありがとうございます
読んだ印にク リックをお願いしますm()m
     
     ↓            ↓

にほんブログ村 

メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
メンタルヘ ルス ブログランキングへ



ランキング参加してます。応援ポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR


ランキング参加してます。応援ポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR
" dc:identifier="http://lebensweg.7narabe.net/%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%81%AE%E9%81%93%E7%AD%8B/%E9%88%B4%E9%B9%BF%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%8B%E3%81%97%E3%81%AA%E5%8B%89%E5%BC%B7%E6%B3%95" /> -->