楽しそうにする義務

私の父は旅行が好きです。

でも「お金をかけずにいい旅ができる賢い自分」な気分を得るために宿泊先や移動手段を選んでるように私には見えるくらいなので、

移動は自動車ですし、

小さい頃から私、旅行といえば日焼けしきった畳の印象ばっかりです。

部屋に置いてあるティーパックはお湯を入れてもあんまり色がつかないこと多かった。

布団はもちろん自分で敷かなくてはならないし、

トイレはもちろん共用。

テレビでニュースでも観るには硬貨を入れなくてはなりません。

父が子供の暇つぶしごときにお金を使わせてくれるはずもありませんでした。

そして、その泊まった民宿を選ぶことがどんなに賢いのかをいつも自慢してくれました。

その自慢をするために宿を選んだんだろうな。

今考えるとそのようにしか思えません。


昔は父が車を運転すると、実の母がナビを任されました。

母はしきりに「地図は分からない」と主張していましたが、

父は「地図を見るのが面倒だから地図が読めるくせに読めないとでたらめを言っているんや」

と強引に毎回押し付けました。

母がうつろな目をして、唇の間から舌がチラ見えすると(薬の作用で口元が締まらなかった可能性も高いと思います)、

「なに舌を出してるんや! 馬鹿にしてんのかっ!」

と怒鳴ります。外でも手を振り上げて威嚇するくらいのことはします。

母に地図を押し付けて運転を始めますが、

母が道を間違えて、細い道の商店街に迷い込んだりすることがありました。

「地図が読めないというでたらめを証明するためにわざと迷ったんや! お前は何でも分かってやってる! 面倒くさいからってわざと商店街に案内したんや!」

と怒鳴ります。


…にしても、

前日の夜に運転計画を両親で話し合ってる姿を見た記憶が全くなく、

教習所で「運転計画」という言葉を教科書で見つけた時の違和感すごかったな。

いきなり地図渡されて即案内できて当然と思う父の神経さっぱり分からない。


家族旅行の行きって大体こんな雰囲気でした。

そして、目的地に到着して、

例えば日帰りによくあったのは母が「帰るの何時ごろ」とでも言おうものなら、

「来たばかりなのにもう帰る話しとるんか! せっかく来たのに気分が台無しや!」

と怒鳴りだすパターン。


父が外出ネタで大好きだったのが、

母が日なたで「暑い」って言ったことがあったらしくて、

そばには日陰があったんだそうです。

「日陰に入れば涼しいのに、日なたで『暑い暑い』とか言ってwww馬鹿がwww」

っていうこのネタ父の大好物でした。

何十回聞いたんだろ。何百回か? 千回いってたら笑える。

父の大好物すぎて感覚的には三日に一回くらい聞いてる気がするけど、

長期間聞き続けたから印象強いだけで、

多くても週一くらいのもんだと思います。

今の母が来てから多少おさまったけど、

今の母がくるまでは、実の母がいなくなった後も楽しそうにニタニタニタニタしながら繰り返し繰り返し笑いながら「日陰に入ればww」ってやってたな。

何が楽しいんだろうな。

母が日陰に入らず暑がったことで父に迷惑かかるのかな。

それに父って難癖つけるのは場面を見たその瞬間に!

ってのをモットーとしてるみたいだから、

母がそれやったの一瞬で一回のみとかいう可能性もある。

でも、母も向精神薬でとてもぼんやりしていたようだし、

何度もやってた可能性も高い。


父と出かけて楽しくなさそうな態度をとったら父は怒り出すから、

楽しそうにしないといけない。

特に母は父の中では「諸悪の根源」に確定されてたから、

一挙手一投足全てに気を配らないと怒鳴られる。

向精神薬でぐったりしている母には、

そんな姿勢の父相手にボロを出さないなんて不可能だっただろうし、

父が怒鳴らない泊まりの家族旅行ってあるような気がしない。

日帰りでも、実の母との家族旅行で父が怒鳴らない旅行なんてあったのか疑問。

今の母は、父の中では「はずれくじ」みたいに思われてるみたいだけど「諸悪の根源」とまでは思われてないから、

父の機嫌がよくて母がミスしなければ父が怒鳴らない日帰り旅行もたまにはあったような。

宿泊してたら怒鳴らないとかありえない気がする。


つまらないなんて、口が裂けても言えなかったし、

帰りたいなんて、口が裂けても言えなかったし、

ふてくされる様子なんて絶対見せられなかったし、

楽しそうにしてないといけなかった。

私の子供時代の無邪気さは強力。

どんなに悲しい状況でも、

泳げば楽しかったし魚を見てれば楽しかったし、

山頂に到着すればやっぱり楽しかった。


そうでないと生きていけないですからね。


もう父を接待するのは御免です。

父より劣っているところを血眼になって探されるのはもう嫌です。

父の方が優れてるってニタニタ笑いながら話すのを聞くのもう嫌です。

それを全て嫌な顔ひとつせずにこなさなくてはならない理不尽からは永遠にさよならしたいです。


いつも訪問ありがとうございます!
ラーメン屋で、
トッピングのにんにくに使い方とか書いてなかったから
そのまま丼に入れて、
一片丸々に見えたから漬物かなんかだと思って齧ったら
生だったショック。。
マッシャーが無造作に放置してあった。。
最後もキャベツと間違えて結局一個丸かじりしちゃったし、
胃が今アレな感じです。
一日一回クリックして下さると嬉しいですm(^^)m
   ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村


ランキング参加してます。応援ポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村


拍手[3回]

2013/05/25 トンネルの道筋 Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

広告
 
 
 
最新記事
 
(09/14)
(09/13)
(09/07)
(09/04)
(09/02)
 
 
プロフィール
 
HN:
鈴鹿
性別:
女性
職業:
生きること
趣味:
生存
自己紹介:
脳内にドーパミンを作る工房がありすぎてよく砂糖が足りてません。工房のお蔭で生きてて楽しいです。

北海道大好き人間。
道内に潜伏中。
 
 
カテゴリー
 
 
 
カレンダー
 
08 2017/09 10
S M T W T F S
1
3 5 6 8 9
10 11 12 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
 
ランキングバナー
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村 
 
最新CM
 
[05/18 名無しのゴルバークさん]
[12/06 @ 仕事人 笑]
[08/31 ゆう。]
[06/30 ゆう。@しばらく夜の仕事人♪]
[05/27 過干渉からの脱却管理人]
 
 
バーコード
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
リンク
 
 
 
twitterタイムライン
 
 
 
アーカイブ
 
 
 
RSS
 
 
 
共有
 
 
 
忍者ビジター
 
 
 
ランキング
 
 
 
解析