忍者ブログ

トンネルを抜けたら現実だった

人生楽しいです

人のせいにする
うちの父が母を怒鳴ったり殴ったりする理由によく使われたのが、

「あいつは俺でもびっくりするほど頭がいいんだから悪い事を全て承知でやってる」

っていうものでした。

私の母は頭がいいから何でも分かってやってる確信犯だっていつも言ってた。


私の母は全知全能の神か


仮に、例え全ての悪影響を承知の人間だったとしても、

「部屋を片付ければいろいろと上手くいくと分かっていることと、片づけられることは別問題」というような問題もある。

現に父も人間なので、

「疲れてるからできない」という発言をすることくらい何度もありましたし、

「退職したら夕飯作るww俺のカレーは結構旨いんだぞwww」なんてのたまってたのに私が確認可能な時期、一切作ってなかったりしました。


私の母は作るご飯が栄養豊富だろうと美味しかろうと全く評価されず、

毎日怒鳴られてしょっちゅう殴られて、向精神薬を飲んで、

毎日家で眠そうで、

例え全て分かってたとしても、なんで「確信犯やwww」ってことになるんでしょうね。


私は小学生の時には周囲を見るだけで自然と常識を身につけなくては父親から怒鳴られ殴られなくてはならなかったし、

小学四年生の時に通わされた塾に行かなかったのは「親の金をドブに捨てて楽しいのかww」と成人しても言われ続け、

なぜそこまで他人の悪意を信じたいのか分かりません。


結局「自分の責任にされたくない」っていうのが強いんでしょうか。

私が小さい頃(小学校低学年くらい)に中耳炎になったことまで、

「風呂上りで『寒くない』って言い張られたんだ。こっちはどうすればよかったのかっ!!!!」

って成人後も怒鳴られて詰られたって私の方がどうすればいいのか分からん。


私は虐待で学校のことなにもできなかったから、ずっとずっと怠け者扱いを学校で受けてきた。

虐待とか、そのために飲み始めた向精神薬の影響でコミュニケーションが成立しなかったから27歳くらいまで「会話のできる生き物」とすら扱われてこなかった。

減薬で周囲がどんどん見えるようになっていった大学四年生、

誰も私と会話したがってないって気づいたり、誰もが私につかまった途端会話するためのアンテナ引っ込めて省エネモードに突入するのが分かったり、ゼミ講師から毛虫みたいに扱われてることを自覚したり、

それでも誰も責められないってことが分かってたり。

だって、私が一番、昔の私と会話したくなかったし、

ゼミ講師から「空気読めない奴」と毛虫のように嫌われても、

「空気を読む努力をしよう」って素直に頑張るくらいしかできなかったし。

なぜなら、頭のクリア度まだ中途半端だったから。

それに、頭がクリアだったとしても、

誰も私の話なんか聞かないんだよ。


誰のせいにもできないことが、この世界にはたくさんあって、

それは必ずしも自分のせいにしなきゃいけないことじゃなくて。

そんなことも分からないのか?

自称「頭いいインテリ」なのに。

こんなことを言ったとしても、

「その部分の能力は足りなかったんやなっ!www」

って怒鳴られるだけだし会話したいとも全く思わないんだけども。


いつも訪問ありがとうございます!
30にしてやっと世界が回りだした気がする。
一日一回クリックして下さると嬉しいですm(^^)m
   ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

拍手[1回]

PR

コメント

1. 無題

》自分の所為にされたくない

すべてはソコにあるとオモワレ。関わりたくなくて でも独りは淋しくて
でも優しくはできない。だって優しくされたことがナイのだから。
だから優しさなんてワカラナイんだな

《 護るために常に誰かを非難する 》

弱いヒトの常套手段。

読み込み中・・・

ゆう。さん
コメントありがとうございます。

とにかく何でも人のせいにします。「俺が英語の発音悪いのは小さい頃に父親(私の祖父)が洋楽聴かせなかったせいだ」とまで言ったりするレベル。
都合が悪くなると「話にならん!」と怒鳴って会話中止。
機嫌がいい時に、自分の非を認めるような稀な場合は「(自分には)そこの能力が足りなかったみたいやなっ!(ドヤ)」。
自分が弱いからって、さらに弱い幼子に、誰のせいでもない事柄まで責任押し付けて怒鳴って詰って、幼子の言葉で都合の悪いのは全部耳をふさいで、聞こえる分は進んで曲解して怒鳴って。
子供を少しでも理解しようという努力をする気が全くないし、そもそも人間と会話するということが分かってないようにも思えます。
人は自分の自慢話を聞くために存在するのではない、というところから学習しなくてはならないけど手遅れ。
コメントを書く