「勉強したいオバケ」という名の妖怪

やらなくてもそこそこできた、ということ、

結果として残るのは結局「そこそこ」なんです。

きちんと努力もできてないから技術にもならない。

それが一体何の役に立つ?


小学校は宿題しなくても成績に問題はなかった。

中学校で一番勉強できた場所は、

自宅でも学校でもなく試験日朝のスクールバスの中だと思う。

前日深夜に勉強をやっても、教科書を開いた途端に眠くなるし、

試験前日にゲームにハマってしまうこともあった。

勉強にほとんど手をつけられずに眠くなって朝4時に目覚ましをかけても、

目覚ましを止めてまた寝てギリギリに起きてしまって焦る。

だから、私は試験当日朝のスクールバスの中で一番勉強していた。


試験前日に調子がいいと、やりたい教科に集中できた。

それで二回だけ上位に入れた記憶がうっすら残ってる・

でも上位にはあんまり入れなかった。

総合ではもちろん全く上位ではなかった。

二年のクラス分けでは上のクラスに入りはした。


薬をたくさん飲んで眠くて眠くて、

保健室に寝に行ってばかりだった高校生時代、

教室で机に突っ伏し寝てると、

半ば夢見心地で「どうして誰も答えないんだ」とイラついて起きることがよくあった。

そのまま起き上がって発言したり黒板に答えを書いたりしていた。


遅れて入った大学。

「勉強に集中すると発作が起きる」

なんて言ってる人間に特待を取られるなよ。

と思った。


さて、

私には何が残った?

そこそこの成績で将来何の足しになる?

少し就職活動した時、

特待だからって有利な気は全くしなかった。

第一、もう新卒でもない。


ちゃんとしっかり頑張るから実になる。

技術になる。自信になる。


私には自分で自分の体を、頭を、コントロールできたという歴史が、

まだ二年間しかない。

自分でコントロールできていない私なんて、私じゃない。

私じゃない人が過去にそこそこの成績をとったからって、

それがなんだ。

「できたこと」が重要で、

「努力せずできたこと」の「努力せず」は全く意味がない。

意味がないというより、いらない。必要ない。有害なだけ。


奨学金だけは、父からは評価された。

でも、

発作で苦しかったけど真面目に授業に出たということ。

それは評価できるのかもしれないと私も思うけど、

(もちろん父は「俺の稼いだ学費を意図的には溝に捨ててないくらいに授業に出てた」という要素以外気にもしてないけど)

私は「ちゃんと」努力できてない。

「ちゃんと」努力したかった。

ずっと、「ちゃんと」努力したかった。


メンタルのクリニックでリハビリしながら高校の参考書コーナーで恍惚としていることが多かった。

一心不乱に勉強できたらどんなに気持ちいいだろうとしょっちゅう考えてた。

だから大学を受験しようと思った。

通信教育を申し込んで勉強を始めたけど、

どの教科もよく分からない。

もっと考えればわかりそうなのに、

「もっと考え」られない。


やっとこさ、という感じだったけど、

大学に入れてよかった。

三年生までは、会話が全く成立しない人間だったから親切な人が相手をしてくれるだけで友達もできなかったけど、

それでも両親から粗さがしされながら父の自慢話を聞くだけの実家から離れられたから、

大学にいる間はずっと「今が今までの人生で一番幸せだ」と思い続けながら、

周りから避けられながらでも幸せいっぱいで大学に通っていた。


人間も、勉強も楽しい。

人間も、勉強も大好き。

でも、

毎日毎日破裂しそうで、

本当にしたいと思っていることやすべきことができない自分が嫌で嫌で、

許せなくて、

気が付けば日が暮れてる。


でも最近、

元気が出てきたし、

クラスメイトもできたし、

とても楽しい。


でも、

あまりにも奇妙な自分を俯瞰してみる。

「どうしてこんなに奇妙な人間になってしまったんだろう」


いつも、奇妙な失敗ばかり重ねる。

自宅に帰れば毎回反省会。

でも、最近とても楽しい。


いつも訪問ありがとうございます!
グミが大好きで、
いまカッチェス食べてます。
昔あった駄菓子の、
プラスティックの型とオブラートのついてるコーラグミが大好きだったんだけど、
とっくにリニューアルしてんだよね。。
昔の食べたいー。
昔の食感がとても好きだった。
一日一回クリックして下さると嬉しいですm(^^)m
   ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村


ランキング参加してます。応援ポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村


拍手[2回]

2013/05/30 トンネルの道筋 Comment(1)

COMMENT

無題

なかなか楽しそうな語学教室のようで。(^_^)
失った過去は取り戻せない。なんて簡単にいうこともできるけど、多分、そこにも今につながる何かはあって、それを認識してから将来を考えて行くのがいいんだろうね。

ま、ビバ人生!

てらもっち 2013/05/31  12:37 EDIT RES

Re:無題

てらもっちさん
コメントありがとうございます。

語学教室楽しいです。
いろいろミスが続いて、ちょっと気まずいような気がするときもありますが、仕事と違ってお互いスルー可能だったり、私の行動で実質的に困ることがそこまでないという性質上、どう転んでもそこまで悪いことなさそうですし。改善するように努力したいです。
先生優しいし、クラスメイトがいるってことと、勉強できるってことが楽しくて、楽しすぎて幼児化したり、たまに出すぎてたりしてるように感じます。

時間自体は取り戻せなくても、過ぎた時間は財産です。
取り戻せない時間はあっても、取り除かれない価値があると思います。

全力で楽しもうとしすぎて幼児になって顰蹙をかう回数を抑えたいです。
コミュニケーション不足がひとつの大きな原因だと思うので、そこそこ抑えながら徐々に会話できる人を増やしたいです。

鈴鹿 2013/05/31 13:21

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

広告
 
 
 
最新記事
 
(09/14)
(09/13)
(09/07)
(09/04)
(09/02)
 
 
プロフィール
 
HN:
鈴鹿
性別:
女性
職業:
生きること
趣味:
生存
自己紹介:
脳内にドーパミンを作る工房がありすぎてよく砂糖が足りてません。工房のお蔭で生きてて楽しいです。

北海道大好き人間。
道内に潜伏中。
 
 
カテゴリー
 
 
 
カレンダー
 
08 2017/09 10
S M T W T F S
1
3 5 6 8 9
10 11 12 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
 
ランキングバナー
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村 
 
最新CM
 
[05/18 名無しのゴルバークさん]
[12/06 @ 仕事人 笑]
[08/31 ゆう。]
[06/30 ゆう。@しばらく夜の仕事人♪]
[05/27 過干渉からの脱却管理人]
 
 
バーコード
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
リンク
 
 
 
twitterタイムライン
 
 
 
アーカイブ
 
 
 
RSS
 
 
 
共有
 
 
 
忍者ビジター
 
 
 
ランキング
 
 
 
解析