忍者ブログ

トンネルを抜けたら現実だった

人生楽しいです

「やさしい虐待」と自己否定
先ほど、NHKで児童虐待の特集をしていました。

「やさしい虐待」とかいうものについてでした。

親がよかれと思って発する言葉。

「そんな悪い子は(あなたは)大嫌い」

「あなたは子供なのにダラダラしすぎる」

世間に出ても恥ずかしくない子に育てたいから、子供のことを思って(いると思って)、

躾のつもりで、習い事もてんこ盛り。

まあ、虐待にもなりえますね。


せめて虐待が「やさし」くて、ちょっと羨ましいなぁ、なんて不謹慎なことも感じてしまいましたが、

見ていて、心は痛みました。


そして、「やさしい虐待」を受けた子供は自己否定が強く、自分を嫌いになる傾向があるという内容でした。


不思議に思ったのは、私は一度も、自分を嫌いになったことはないということ。

虐待が「やさし」くなかったからでしょうか? 個人差でしょうか?

というか、自分が好きとか嫌いとか、考える余裕というか気力すら奪われていたような気もしますけど。


私の父は、私のために、私の目の前で母を殴って、追い出してくれました。

私の教育に悪いからです。また、父自身が母親に居てもらいたくなかったからです。

私の父は、私が母のようにならないように、

私が母と似た行動をとる度に、

「そっくりだ」と言い続けて、そんなんでは将来夫に殴られ続けると、植えつけてくれました。

私にも、ちょっと理解はできないんですが、悪気はないんですよね…父には。


テレビで紹介されたような環境が、多っ少は羨ましいと、一瞬考えても、

まさか「やさしい虐待」を受けた人が羨ましいなんて、本気では思いません。

けれど自分を否定し、嫌いになるのは、ちょっと理解ができないです。

私は両親とは無関係に、自分を肯定しています。

自分が大好きで、この先、恋人ができても、相手を自分以上には愛せないとさえ思うくらいです。

生きていてよかったと思います。



いつも訪問ありがとうございます
読んだ印にク リックをお願いしますm()m
     
     ↓            ↓

にほんブログ村 

メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
メンタルヘ ルス ブログランキングへ



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

コメント

コメントを書く