忍者ブログ

トンネルを抜けたら現実だった

人生楽しいです

主治医のいじめ(ではないと思うが)?

今日、いつものメンタルの病院へ診察に行って、薬をもらいました。

その薬をしまいながら思い出したことがあるのですが、

思い出したら、ちと不愉快に。


大学に入る前には、実家の近くの病院で診察を受けていました。

事情があって、今と同じ主治医です。主治医が病院を変わったんです。

で、実家近くの病院は院内処方で、病院の中の薬局で薬をもらいます。

一度、もらった薬が足りなかった時がありました。

それを主治医に言ったら、「じゃあ毎回自分で確認しなさい」

と言われました。

それ以降、毎回確認するようになりましたが、他の患者はそんなことしてません。

主治医は自分の出した薬の内容を頭に置いていたのでしょうか?


当時の私の薬は、多かったので一包化してもらっていました。

錠剤が何種類もあると、ぷちぷち取り出していたら大変だし、飲み忘れます。

一包化というのは、錠剤をパッケージから取り出した状態で、1回に飲む分ずつ1袋にしてもらうことです。

で、私は朝昼晩、寝る前に薬を飲んでいたので、1日4袋。

当時の診察の間隔は、28日おきか14日おきが多かったので、28日おきだった場合は、

1日4回×28日=112袋。

その上に、調節できるように便秘薬の錠剤がパッケージのまま出されて、

漢方薬が毎食1袋。(だから28日で84袋)

これを毎回、数えろと?

薬の袋がこれだけあると、とってもかさばります。中くらいのレジ袋にパンパンです。

外来待合室の、一人で笑いながらお尻を掻いているような方々も座る椅子の上に、

口に入れる内服薬の袋を広げ(だって他に場所がない)、

112袋を数えました。漢方薬も確認。

薬で頭がはっきりしないし、全ての袋に錠剤が、例えば4錠ずつ入っているかなんて、

112袋もあったら普通の人でも分からない。

数えた袋の数すら自信がない。また、連なった袋を広げて数えるため、後になって、

待合室のどこかに落としていないか不安になったり。

こんな不確かなの数えて、余計に不安になって、

数える意味ってあったのだろうか。


と、考えたら、多少の怒りがこみ上げてきました。

主治医の悪意でないことは分かるので、いじめだとは思いませんが、

自分の出した薬の量と形態くらいは、

患者に向かって「自分で確認して」と言う前に考えてほしかったですね。

相当に大変で、相当に気分の悪い作業でしたよ。数えるのは。

次回、ちょっと文句でも言おうかと思います。

この手の患者は、大変なことでも疑問を持たず、一途にしてしまうことがあるんです。

そこら辺は、考えてほしかった。


いつも訪問ありがとうございます
読んだ印にク リックをお願いしますm()m
     
     ↓            ↓

にほんブログ村 

メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
メンタルヘ ルス ブログランキングへ



ランキング参加してます。応援ポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR


ランキング参加してます。応援ポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR
" dc:identifier="http://lebensweg.7narabe.net/%E3%82%84%E3%81%A3%E3%81%8B%E3%81%84%E3%81%AA%E7%97%85%E6%B0%97/%E4%B8%BB%E6%B2%BB%E5%8C%BB%E3%81%AE%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81%EF%BC%88%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%A8%E6%80%9D%E3%81%86%E3%81%8C%EF%BC%89%EF%BC%9F" /> -->