忍者ブログ

トンネルを抜けたら現実だった

人生楽しいです

まだまだ鮮明になっていくのか…
9月20日の主治医の診察でジプレキサを減薬しました。

その前にあったトラブルの傷が、減薬の後まず開いて、

大変な状態になって、傷が開いたりハイな状態になったりの繰り返し。

それでも、友達なくさないために友達に連絡取らずにインドアで過ごすくらいの理性はあって、

インドアで一人、誰にも会わずにハイテンションを保っていたり。

傷が開いている時は、インドア不可能だったから、

ハイテンションでも支障のない場所に行って会話したりしていました。

インドアでの一人ハイテンションが可能ってのは便利ですよ。なかなかできませんよね。

孤独な生活への入り口でもあるかもしれませんけど。


で、そこら辺の流れでは「一時的なもの」っていうのが頭の中で分かっていたので、

減薬で頭の働きがよくなってるのだろう、とかは考えてなくて、

傷をふさいでハイテンションが治れば、以前と変わらない元通りになると思っていました。


全く危なげなくコントロールできているから最近まで気付かなかったのですが、

頭が更にはっきりしました。

10月のあたまくらいから、文章書いてて異様に楽しいんです。

それは減薬で一時的にハイになったり、なんでも楽しくなっていたり、

または偶然その時だけそういう気分だったのだと思っていたんですが、

減薬の影響があるっていう可能性は高い。

ジプレキサの膜が一枚はがれて、脳みそが本来の働きに近づいたという。

文章が変わったかどうか、確かなことは自分の文章だから分からないんですが、

書いてて楽しいっていう感覚が更に増した。

減薬する前は「頭が更にはっきりしたなら、コントロール不能になりかけるのではないか」と思っていたので、

だからそういう心構えでいたので、

自然にコントロールできていたから自分の変化に気付かなかった。


発作がなくなった時ほどの劇的な変化ではないです。


もともと日常生活で困らないくらいには頭は働いてるし、

「自分の心も体も遠隔操作」っていう感覚ももうない。頭が働かなくてもどかしいとも感じない。

頭がはっきりして損ってことはそんなにないのかなって思いますけど、

周囲とのズレ感はどんどん増しているし、

ジプレキサはあと2.5mg残ってるんだから、それもなくなったら私どうなるの。


でも薬飲むの嫌なので、

減薬が嫌とは言いませんし、主治医が減らすと言うのなら減らしたい。私も本心から薬をなくしたい。

でも、

コントロールさえできてればいいのか、つーか、

周囲とますますずれるんだろうな、とか、

化け物になりたいんだから望むところか、とか。




突然に全く関係ない話なんですが、さっきiPhoneで音楽かけて筋トレしてました。

プレイリストで再生していたら、いきなり吉幾三の『と・も・子』が流れて。

もちろんプレイリストに入れてたから流れたんだけど、

私は筋トレ専用のプレイリストってのは作ってなくて、

だから多目的なプレイリストだったから流れたんだけど、

これ流れたら、平然と筋トレ続けられませんよね。。↓



いきなり吹いて中断。。

歌ってみたくなってプレイリストに入れたんですが、

筋トレのBGMには向いてません。。




いつも訪問ありがとうございます
今日は久しぶりに歌える!
楽しみ!
なんか楽しみ!
一日一回クリックしてくれると嬉しいですm(^^)m
     
     ↓      

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村



ランキング参加してます。応援ポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

拍手[1回]

PR

コメント

1. …あ~あ。(笑)

…て言うよりも《書く》事で脳が落ち着くのではないかと考える。
結果、ゲンヤクが可能に成った、と

Re:…あ~あ。(笑)

ゆう。さん
コメントありがとうございます。

書くと整理できて、落ち着きますね。
頭がぼんやりしていた頃は、整理は十分にできてはいなかったですが、それでも吐き出す効果はすごくありました。
書いてたから生きてこれたんだな、と思うと、書くことはこの先も生きていくために不可欠だと感じます。
書いてなくていままで生きていたとしたら、間違っても主治医が「減薬しよう」などと思えないような状態だったと思います。
「書く」という方法を見つけられたことが、私が生きてこれた理由だと思います。

2. 無題

躁のときに思っていたんだけど話すよりも書く方が落ち着く。多分、目からのフィードバックが、ある程度思考を使わざるを得ない。言い方変えれば聞くよりも読む方が頭を回転させる。その分、感情に行きにくいんだと思う。

でもね。その状態で落ち着くというのは、実生活上は危険だと思うよ。特に現実のギャップとを感じるのであれば。。。
 超論理的になりすぎると、論理超えちゃうからね。


減薬も医者に正直に、そして協調しながらゆっくりのペースがお勧めです。

Re:無題

てらもっちさん
コメントありがとうございます。

話す、聞く、は、書くよりも頭を使わないのと、その行為自体がハイテンションになりやすそうです。
今の状態って、結構危険だな、と思います。
まず人と会話してない。
会話するとしたら「私の話を分かってくれるような人」に限定されているから、そういう人とはそこまでギャップ感じないんですが、テレビ見てるとあまりのズレに愕然とする。
なんか、とりあえず働けるところを探そうと思います。
「楽しそうな職種でお給料の高めのところ」っていうのを「楽しそうな職種」に限定しようかと。
とりあえず働かないとダメになると思いました。
人間とかかわらないとダメです。

頭の中がズレまくってても、多分会話はなんとかなると思うのですが、やっぱりズレてるのを隠して暮らすのは辛いと思います。だから、ズレをだんだんと緩和させながら生活していきたいです。
分かってくれそうな人に強制的にある程度分からせたり(オイ)
でもジプレキサ2.5mgが残ってるから、これも減らしたらどんだけずれるんだろう。。という不安。
社会と関わってれば、大分改善されるかと思うので、とりあえず働きたいです。
技術のいらない、未経験者歓迎なところ探そうと思います。
単純作業長時間とかは無理ですが、それじゃなければ、好きな場所で働ければきっと大丈夫です。

3. 無題

そうだね。話すとか働くとかは人を落ち着かせる効果があると思うな。
嫌だと思わない場所になれば単純労働系もなかなか楽しいよ。

どういう場にするかは自分次第だしね。

Re:無題

てらもっちさん
コメントありがとうございます。

健全な生活は、健全な精神状態へと導くと思います。
このままだと私はダメになります。なんとか、健全な生活を送りたいです。
いい職場を見つけたいです。
表面はある程度柔軟になれても大きなところは全く曲げられない人間が、健全な、一般的な環境でどんな風に受け入れられるのかは、とても興味があります。
早くハムスターのケージから出たいのですが、またちょっと事が起こって。
それでも、そこまで時期は遅くはならないと思います。今日明日からってのはちょっと無理ですが。
コメントを書く